【ワンピース】ハンコックの過去が壮絶…ツラい過去や現在の性格まとめ

ワンピース ハンコック 過去

 

ワンピースには多数の女性キャラクターが登場しますが、出番が遅い中であってもダントツの人気を得ているのが、「ハンコック」です。

 

メロメロの実を所持する能力者であり、その能力を読者に対して使っていると思われるぐらい、男女問わずに支持されています。

 

そんなハンコックですが、実はツラく悲しい過去があり、現在の性格になっているのをご存知ですか?

 

ここでは、ハンコックが経験したツラい過去や、現在の性格などについて紹介していきます。

 

 

1.ワンピースのハンコックが経験したツラい過去とは?

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ワンピースはそれぞれのキャラに対して過去や背景などが濃く設定されており、読者がより感情移入しやすいようになっています。

 

ハンコックも同様に過去に何があったのかについて、ルフィに話すという形で読者が知るようになりました。

 

以下から、ハンコックのツラい過去について簡単に振り返っておきます。

 

 

@ 12歳のときに世界貴族に奴隷とされた

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ハンコックが九蛇の海賊船に乗っているとき、妹たちと一緒に人さらいに襲われ天竜人に売り飛ばされてしまいます。

 

この時、ハンコックはまだ12歳という年齢で、男というものを見たことが無い世界で育っていました。

 

スポンサーリンク

 

人さらいは男ですし、世界貴族の面々も男だったので、初めてみる男に対しての印象は最悪でした。

 

奴隷として売られた先の人生は最悪なもので、何もかもが屈辱的な事柄の連続で、毎日死ぬことを考えていたほど。

 

12歳という多感な年齢において、奴隷として売り飛ばされた訳ですから、精神的にも痛めつけられたと分かりますね。

 

 

A 世界貴族の奴隷の証拠を体に刻まれた

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ハンコックにとって奴隷という過去は、すぐにでも消したいぐらいツラいものでした。

 

しかし世界貴族は、奴隷として売られた人物であることがすぐに分かるように、「天駆ける竜の蹄」を背中に焼き付けます。

 

一般的には「天竜人の紋章」と呼ばれるもので、この印は一生消えることのない特殊加工が施され、過去を忘れたくても忘れさせてくれない証となったのです。

 

ハンコックや妹たちの背中にも、天竜人の紋章がしっかりと焼き付けられており、誰にもその印を見られたくないと考えています。

 

なぜなら、天竜人の奴隷という過去がバレると、他人から嘲られたりするかもしれないと、ビクビクしていたからです。

 

ハンコックは背中に過去を背負うことになり、常にツラい過去の影響を受けながら育ちました。

 

 

B 余興で悪魔の実を食べさせられた

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ハンコックはメロメロの実の能力により、相手を石化させることができます。

 

この能力はとても使いやすく強力ですが、過去編でどうして食べたのかが明かされました。

 

スポンサーリンク

 

それによると、本人が望んで食べたものではなく、奴隷として売られた先で余興の一環として、食べることを強要されたのです。

 

無理に悪魔の実を食べ、不本意ながら能力者になったことは、彼女の人生を大きく変えるキッカケになります。

 

というのも悪魔の実は彼女の魅力とマッチしており、絶大な力を発揮しているからです。

 

 

2.ワンピースのハンコックの性格形成に過去が関係している証拠

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ワンピースに登場するハンコックは、傲慢でわがままという性格が特徴的で、「見下しすぎのポーズ」は彼女の代名詞になっています。

 

妹たちからも、「美しいけど性格は最悪」と言われるほどで、本人はその点に関して特に意識はしていません。

 

ただ、このわがままな性格は、前述した世界貴族に奴隷として売られた過去が大きく関係しているのです。

 

奴隷での生活がどれほどのものだったのか、具体的な事柄は本編で取り上げられていませんが、「毎日死ぬことを考えていた」というぐらいですから、精神的な苦痛は相当だったでしょう。

 

そうした経験から、「もう誰にも支配されたくない」との気持ちが強くなり、傲慢でわがままな性格になっていると言われています。

 

ハンコックの性格は、過去が起因しているのは明らかですね。

 

 

3.ハンコックの過去を軽蔑しない人物とは?

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ワンピースのハンコックは、背中に奴隷の証が刻まれており、これだけは誰にも見せられないと必死に隠しています。

 

見られることで、「奴隷として売られた女」という風に見られ、他人から軽蔑されるのを許すことはできないのです。

 

しかし彼女の過去が反映する背中の証を見たルフィは、ハンコックが奴隷だったとしても軽蔑はしませんでした。

 

  • 過去を軽蔑せず天竜人を嫌いと言った
  • 天竜人を殴ってくれた
  • 恩人のためなら頭を下げた

 

ルフィのこうした点に惚れこみ、ルフィの前だけは「支配されたい」とすら思うほどデレデレになります。

 

ハンコックにとって過去を受け入れてくれる人がいるのは、それだけで救われた気持ちになったでしょうね。

 

 

まとめ

 

ワンピース ハンコック 過去

 

ここでは、ハンコックが経験したツラい過去や、現在の性格などについて紹介していきました。

 

ハンコックは世界貴族に奴隷として売られ、死ぬことばかりを考える過酷な毎日を送り、奴隷期間は4年ほど続いたのです。

 

その際に天竜人の紋章を背中に焼き付かれ、過去を忘れたくても背中が忘れさせてくれない苦しい人生を歩んでいます。

 

傲慢でわがままな性格なのは、過去の支配されていた奴隷生活に起因するものであり、彼女の心まで変えてしまったのが分かります。

 

ルフィの登場により心にも大きな変化が訪れているので、今後の展開に期待したいですね!